noshを利用した感想

単刀直入に言うと、「アリ」です。
正直、宅食サービスには期待していませんでしたがnoshはまず美味しいです。

バカにしていた自分が恥ずかしくなるほど美味。さらに塩分や糖質が抑えられていて、ちゃんと健康に配慮したメニューとなっているので私のように健康診断の数値があまり良くない40代の独り身でも非常に重宝します。

私がこれまで注文したメニューで一番満足したのは「ハンバーグ」ですね。老舗の洋食屋のようなコクと味わいがあり、これで糖質や脂質、塩分が抑えられてるなんて!と驚いたことを覚えています。

逆にお魚系(鮭や鰆など)の料理は私にはマッチしませんでした。

もちろん美味しいですが私好みの味ではありませんでしたね。

とはいえ、総じて大半のメニューは美味しいです。メイン、パン、デザートからそれぞれ選べるのも良かったです。

注文の仕方も非常にシンプル。アプリがあるのでそれで簡単に注文できます。

ただ、配送料のことを考えるとまとめて購入する方が断然お得なので、一食一食ちまちまと頼むよりは大量に注文しましょう。

私は10食セットを2~3週間に1回などのサイクルで頼んでいます。今なら初回300円オフになっているようなのでぜひ活用してみて下さい。お薦めです。

実際にnoshを利用してみて

私がナッシュを利用したきっかけは、ファンである元乃木坂46の生駒里奈さんが自身のYoutubeで紹介していたからです。

そのことでナッシュを知り、試しに利用してみました。ナッシュは、メニューの種類が非常に豊富でした。

カロリー制限などを考えられて作られている宅食サービスは、どうしてもメニューが少なりがちだと思っていました。

しかし、ナッシュの場合は主菜から副菜・デザートまで種類が多くありました。また、UverEatsなどに比べて配達が丁寧で、配達員さんの対応も良かったです。

更に、レンジで温めるだけなので、食べる際の手順も非常に簡単で分かりやすかったです。

しかしその一方で、ナッシュは、味が非常に薄味で物足りなく、ボリュームもありませんでした。

低カロリーを売りにしていたためある程度は仕方ないのですが、それを考慮しても物足りなく、食べた気にはなりませんでした。

ダイエットをされている方なら適していますが、私みたいに胃袋が大きく、味の濃い料理が好きな方には適していないです。

また、ナッシュは会員登録制なのですが、退会する際の作業が非常に分かりにくい上に時間がかかりました。

もうちょっと分かりやすい手順にしてくれたらいいのになと感じました。

Freeks(フリークス) 月額 料金

ワタミの宅食を利用した感想

十年近く、ワタミの宅配弁当を利用しています。老人なので、二人で一つのお弁当で十分です。

いっぱいのかけそばのようになってしまいますが、年を取ると量が少なくても、他の食材もいただいたりして十分なのです。
宅配してくださる方とも顔見知りになり、お声もかけていただいています。

食事は、ワタミのお弁当ありきという生活になっています。冷凍でいただくので、電子レンジで温めますが、おいしいです。

予約しているので、急な変更はできないし、変更するのも面倒なので、時々、来客があったりすると、お弁当は冷凍して保管しておきます。

お正月のようなときには、少し、お弁当の保管が多くなってしまいます。

それは当たり前といえばあたりまで、変更したらいいのですが、面倒ということがあるのです。

宅配であるにもかかわらず、それを配達していただける時間には家にいたりして、なんだか、サービスを堪能しているわけでもないのですが、欠かせない生活の一部となっています。

一部というよりは柱ですね。
とにかく、安心なのです。食事はないと困るものですし、スーパーも一人ではいくことができないので、ワタミの宅配は手放すことができません。田舎なので宅配サービスはこれが一番です。

ヨシケイの宅食サービスを利用した感想

夫婦共働きということもあり、ヨシケイの宅食サービスを利用していました。

毎日のメニュー決めに困っており宅食サービスを利用し、毎日の悩みだったメニュー決めから解放され、毎日の面倒な悩みが減りました。

利用する前までは、仕事中の昼休み頃からメニューを考え始める毎日が続き、主に前休日である金曜日の夜は、夫婦でコンビニ弁当や、居酒屋で食事を済ませていました。

そんな時に、ヨシケイの宅食サービスを知り、試しに利用してみようという事になりました。

利用中は、毎日の夕食メニューを考える事もなくなり、週ごとにメニューを選択できるサービスでとても楽でバランスの取れた良い食事をすることができる様になったと思います。

しばらく、ストレスなく利用させて頂きましたが、人間特有の『飽き』が来たのです。

たまには、肉だけ食べたいとか、お菓子で済まそうとか、若者特有の自由な発想がどんどん湧き出てきてしまい、1週間のメニューを同じように調理して食べるという事が自分には楽しいことではなくなり、サービスを一旦解約しました。

その後は、無理なく自分が食べたくなったら宅食サービスを利用し、宅食に飽きたら家庭の味を楽しむようにしました。現在は、家庭に味を楽しんでいます。

タイトルとURLをコピーしました